Skip to content
Tags

地中美術館

by admin on 5月 12th, 2008

11.jpg

素敵な空間。
外の世界から切り取られた光

無機質なコンクリートの面

その大きな空間に置かれたいくつかの作品

印象派の作品がこれほどまでに素晴らしく見えたのは初めてだった。
自然光のみで鑑賞ができる。
モネの「睡蓮」

金箔の柱と大きな球体
そして差し込む光が神々しく協会に入り込んだ様な気持ちになった
ウォルターデマリアの「タイム/タイムレス/ノータイム」

白衣の案内人に通される宇宙空間
ジェームス・タレルの「オープンフィールド」

そして、安藤忠雄の空間。
地中美術館かっこよすぎでした。

From → Japan

No comments yet

コメント書き込み

Subscribe to this comment feed via RSS